タクシー運転手のスペシャリストを目指す!

ただ運転すればいいわけじゃない

運転手という仕事は、ただお客さんを目的地に運べばいいわけではありません。ここでは、運転手として大切なことに焦点をあてて、紹介していきます。

タクシー運転手として大切なこと

運転手
no.1

走ってお客を見つける

稼ぐタクシー運転手は、車を走らせて自分からお客さんゲットに努めます。駅などのタクシー乗り場で待機する手もありますが、順番を待たないといけないので時間が無駄になることもあるでしょう。

no.2

地理に詳しくなる

1位に次いで大切なのが地理に詳しくなることです。もちろん入社当初は地理があまり分からない状態でも問題ありません。しかし、タクシー運転手として活躍するためには地理に詳しくなっておいた方が有利なのです。

no.3

常に情報チェックする

曜日や天候によって利用者数が異なります。利用者数が多いときほど、道路状況や電車の運行状況を把握しておくべきです。また、イベント情報なども把握しておけば、効率よくお客さんを見つけられるでしょう。

no.4

体調管理する

勤務時間が長いため、体調を万全に整えておかないといけません。体調が整っていない状態では、注意散漫になったり、居眠り運転をしたりする可能性もありますから大変危険です。

no.5

左側車線を走行する

スムーズにお客さんを乗せるためには、車を走らせる車線も重要です。右側車線にいてはお客さんを発見しても、車を停められないかもしれません。極力、左側車線を走るようにした方がいいでしょう。

タクシー運転手のスペシャリストを目指す!

面接

勤務時間が長く休みが多い

他の職業と比べてタクシー運転手は勤務時間が長いのが特徴です。1日20時間ほど働いています。お客さんを待っていたり、休憩していたりする時間も含んでいるとはいえ、拘束時間が長いですね。ただし、その分休みを長くとることができます。

タクシー

タクシー運転手の平均年収

タクシー運転手の平均年収は300万程度となっています。月収にすると25万円くらいでしょう。ただし、名古屋などの都会の場合は、地方に比べて給料が高くなっています。

JOB

観光タクシーなら観光客と多く関われる

多くの人が利用する一般タクシーとは違い、観光客を案内して回るのが観光タクシーと呼ばれるものです。ルートや時間など、観光客の要望に応えます。観光名所の説明も行うので、運転手とガイドの二役することになります。ただ運転するだけでなく、お客さんを楽しませたいという人に向いているでしょう。

活躍するためには工夫が必要

より多くのお客さんを獲得したり、対応に満足してもらったりするには、それなりの工夫が必要です。自分には何ができるのか、考えてみるといいですね。

広告募集中