介護職に必要な資格

面接
no.1

介護福祉士

最も必要なのは、国家資格でもある介護福祉士の資格です。取得するのはやや難しく、国家資格取得のためには、実務経験と実務者研修修了が必要となります。また、養成施設を卒業することで、取得するのも可能です。

no.2

介護職員実務者研修

介護職員初任者研修よりも実践的な技術が身に付く、実務者向けとなっている研修です。たん吸引や医療的ケアなどのスキルを身につけることができ、介護福祉士の受験に必要な研修課程なのです。

no.3

介護職員初任者研修

ホームヘルパー2級の代わりとして登場したのが介護職員初任者研修です。すでにホームヘルパー2級を取得している人は受ける必要はありませんが、これから介護の仕事に関わろうと思っている人は、研修を受けましょう。

no.4

ケアマネジャー

介護支援専門員のことで、利用者の周りの環境や心身の状態をもとにケアプランを作ります。また、利用者と介護保険施設の間に立って連絡調整をするのも仕事の1つとなっています。

no.5

移動介護従業者

ガイドヘルパーとも呼ばれ、知的障害や視覚障害などを持っている人の外出をサポートするための資格です。他の介護系の資格と合わせて取得すれば、業務の幅も広がりますし、最短2日で取得可能です。

求人情報を探すなら介護の求人サイトが便利

介護の求人情報を探すなら、介護に特化した求人サイトが情報を探しやすくて便利です。会員登録することで非公開求人を見られる場合もあるので、一度見てみるといいでしょう。

サービス提供責任者に関するQ&A

女の人

どんな素質がある人に向いていますか?

施設に関わる全ての人とコミュニケーションを取る必要があるので、冷静に全体を見渡せる人に向いているでしょう。また、まとめ役となれるようにリーダーシップもあったほうがいいですね。

[PR]
貿易のセミナーに行こう!
予約はココから★

サービス提供責任者の求人応募に必要なこととは?

メンズ

サービス提供責任者としてのやりがい

色んな人の間に立つ仕事のため、大変なことも多いですが。利用者から感謝されることにやりがいを感じる人がほとんどです。また、自分の作成した訪問介護計画書がヘルパーの成長や、やる気に繋がるのもやりがいのひとつです。

履歴書

実際に介護を行うこともある

まとめ役として活躍するのが基本ですが、人手が足りない時などは現場で介護をすることもあります。そのため、日頃から知識や技術を磨いておく必要があるでしょう。

JOB

専門的な知識や資格を手に入れるには

介護関係に限らず、専門的な知識を必要とする職業は他にもあります。養成学校に通ったり、セミナーなどに参加したりすれば知識・技術・資格取得ができるでしょう。未経験でも大道具や貿易事務などの職業に就くことができるので、諦めずに挑戦してみるといいですね。

[PR]
保育士の求人をチェック!
働きやすい環境がある♪

[PR]
大道具の求人を確認
応募したいところが見つかる

[PR]
サービス提供責任者の求人を調べる
高収入の仕事が見つかる!

広告募集中